スムージーダイエット 飲みやすくする方法

ダイエットに!グリーンスムージーを飲みやすくする方法

最近流行りの「スムージー」ですが、その種類はいろいろあります。
グリーンスムージーをはじめとして、フルーツスムージーなどです。

 

なかでも、特に、人気のスムージーが、「グリーンスムージー」です。

 

 

ダイエッターにはおすすめのグリーンスムージー

 

一般的に、スムージーは嗜好品として受け入れられています。
豆乳やヨーグルト、シロップなど材料を自由に使うことができるのです。

 

しかし、グリーンスムージーは、基本的にはこれらの材料を使いません。

 

緑の葉野菜を、一種類使用するのが特徴です。
これにフルーツを加えても、野菜がメインなら「グリーンスムージー」なのです。
愛飲者の多くは、ダイエット目的で、食事に置き換えています。

 

 

実際に、グリーンスムージーを試した人の中には、続けられるか不安だという声もあります。
緑の葉野菜を入れるので、野菜の癖のある味が気になるということです。

 

でも、グリーンスムージーは、作り方次第で飲みやすくも美味しくも作れます。
飲みやすいグリーンスムージーでダイエットして、美しく痩せてみませんか?

 

 

グリーンスムージーを飲みやすくする方法

 

飲みやすい、美味しいなどは人それぞれの感覚です。
次の方法は、試してみる価値があります。

 

@ハチミツやオリゴ糖などを加えてみる。

これは基本です。決して砂糖は加えないこと。

 

Aフルーツを多めにする。

一般的にフルーツと野菜の割合は「6:4」が飲みやすいと言われています。
しかしもう少しフルーツの割合を増やしてもOK。

 

B飲みやすくなるフルーツを選んで入れる。

甘くなって飲みやすいと言われるフルーツがバナナです。
そのほかリンゴやキウイもおススメです。

 

C緑の葉野菜は、クセのないものを選ぶ。

おいしくてクセがないのがほうれん草です。
あと、春菊や水菜もおススメです。
逆に、セロリは香りが強くでるのでおススメしません。

 

 

いかがでしたか?
簡単に作れるので、ぜひ皆さんもご家庭で試して頂きたいと思います。

 

グリーンスムージーも美味しくなれば長く愛飲できますね。
ダイエットにも弾みが付きます。